2011年04月19日

右脳型記憶術と左脳型記憶術


記憶術にはいろいろなタイプのテクニックがありますが、
まずは、右脳型記憶術と左脳型記憶術があることを
憶えておきましょう。


右脳型記憶術は連想やイメージ化を行います。
宮口式記憶術」は右脳型ですね。


左脳型記憶術は理屈を納得しながら憶えるタイプです。
右脳型と比べて、数は少ないですね。
世の中にある記憶術の大半は右脳型でしょう。


どちらのタイプも、記憶の性質をうまく利用しています。
どちらでも、ちゃんと効果はあります。
自分に合ったものを選ぶのが良いですね。

posted by tachyon at 23:25| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

「場所法」って、何?


記憶術の「場所法」って、聞いたことありますか?


部屋の中の物など、よく場所がわかっているものに、
憶えようとしていることを関連付けて記憶する技術です。


この前紹介した「宮口式記憶術」でも使いますね。


よく知っているものに結びつけることで、
思い出しやすくなるんです。


手軽にできるので試してみるとよいですよ。
やり方は「宮口式記憶術」のサイトを参考にしてくださいね。


ゼロからわかる!宮口式記憶術


posted by tachyon at 22:26| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

記憶術は本当に勉強に役立つのか?


記憶術は受験勉強に使えます。

それは確かですが、問題もあります。


多くの人は、


● 記憶術をなかなか習得できない
● 受験勉強での利用の仕方がわからない


といった問題を抱えて、挫折しています。


これに対しては、記憶術にもいろいろな種類・タイプがあることをまず理解しましょう。


その上で、自分と相性がよい記憶術を選ぶことが大事です。


例えば、有名な記憶術の1つに「
宮口式記憶術」があります。
下記の公式サイトにどんな事をするのか説明した動画があります。
      ↓      ↓      ↓

banner3.gif


これを見ておもしろいと思えれば、
宮口さんレベルは難しいとしても、
受験に使えるレベルまではいくでしょう。


posted by tachyon at 22:41| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。