2011年04月29日

記憶術の役割・使い方

記憶術だけで試験に合格できるわけではありません。


しかし、記憶術を多少でも使えると、
間違いなく有利になる事があります。


それは、記憶術で対処できる部分の勉強時間を
大幅に短くすることができるという事です。


例えば、英単語や歴史年表などの比較的単純なものは記憶術で対処できます。


こういった勉強は記憶術でサッサと済まし、
経験値が重要な勉強に多くの時間を割きます。


要領よく試験に合格する人は、たいていそんな感じでやっていますね。

ラベル:記憶術 受験勉強
posted by tachyon at 11:00| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。