2012年04月12日

記憶の強さのレベル

記憶の強さにはレベル(段階)があります。全く記憶していない状態から、意識しなくても応用し使いこなせるレベルまであります。


● 全く記憶していない
● 答えを聞けば思い出せる
● ヒントがあれば思いだせる
● なんとか思い出せる
● ふつうに思い出せる
● 思い出せるだけでなく、必要な場面で使える
● 意識しなくても使いこなせる


後になるほど、記憶が強い状態です。


試験では、その難易度や設問形式などによって、どのレベルの記憶が必要なのかが異なります。


一般に、記述式の問題は強いレベルの記憶が必要であり、選択式の問題は「ヒントがあれば思いだせる」レベルでも正解にたどり着ける場合があります。


自分が目指している勉強ではどのレベルの記憶が必要なのかを意識することで、勉強の効率アップができるかもしれません。

タグ:記憶
posted by tachyon at 16:18| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

記憶するために大事なこと


東大記憶法の吉永賢一氏は、記憶するために大事な3つのポイントを、


「つなげる」
「またやる」
「外に出す」


と表現しています。ちょっと面白い表現ですね。吉永氏と言えば、偏差値93、東大理V合格の経験を持つプロ家庭教師です。


「つなげる」というのは、自分が知っている知識と関連付けることです。以前述べた「理屈を理解する」という事と同じような話ですが、もう少し範囲が広いように思います。


例えば、覚えようとしている事に対立する事や、因果関係で結ばれている事など、いろいろな関連性を持った事を積極的に覚えることも含まれるのです。


「またやる」というのは、繰り返し確認したり覚えること。要するに、復習が大事だということです。


「外に出す」というのは、勉強した内容をアウトプットしてみるという事です。典型的には、先生役になって人に説明することですね。文章にまとめるのでも効果があります。


アウトプットしてみて初めて知識の不十分な部分に気付くことがあります。そうした部分を補強すれば、知識も堅固になります。

タグ:記憶
posted by tachyon at 10:45| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

記憶術はマジックではない


記憶術にネガティブなイメージを持つ人が大勢います。その多くは、何となく“マジック”のようなものとして記憶術を捉えています。マジックなんて普通の人にできるわけないから、記憶術なんて“まやかし”だ、と。


これは、非常に偏った捉え方ですね。


記憶術はマジックではありません。人間の記憶の特徴を利用して効率的に記憶するためのテクニックです。


そして、そのテクニックを身につけるためには一定の努力が必要です。ある程度の時間もかかります。でも、かかった時間と努力を大きく上回る効果があるのであれば、やっぱり記憶術を習得した方が得だ、と考えるわけです。


努力をしてマスターするものですから、同じ時間かかっても各個人によって習熟度に差が出ます。また、どの記憶術を身につけるかによっても違います。


実は、記憶術の初歩的なものは多くの人が実践しています。


例えば、復習するタイミング。初めて学んだ直後は短期間で復習し、だんだん時間を空けていくのが効果的です。本人が意識しているかどうかは別にして、実践している人はたくさんいます。


もっと高度で、実践している人の少ないテクニックが、


「試験に受かるユダヤ式記憶術」
「藤本式記憶術」


などの記憶術だと思えばよいでしょう。

タグ:記憶術
posted by tachyon at 10:25| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

記憶に理解は重要

記憶にとって理解している事は重要です。このサイトでも紹介した宮口式記憶術の宮口公寿さんは、理解できない事は記憶できないと述べています。


理解するには理屈が必要です。理屈は記憶した情報を思い出す際の糸口にもなります。物事を記憶する場合には、思い出すときの糸口とともに記憶するのがコツなので、理解する作業を端折ってはいけません。


理解できないと、せめて丸暗記してしまおうと考えるかもしれませんが、これは得策ではありません。なかなか記憶できないし、直ぐに忘れてしまいます。


記憶の仕方には、


● 理屈で固めるやり方
● 連想・イメージを利用するやり方
● 語呂合わせ


などがあります。これらの複数を利用すると、記憶は強固なものになります。

タグ:記憶
posted by tachyon at 22:18| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

記憶術は完璧を目指さない


勉強に記憶術を利用しようとする場合は、

あまり難く考えないことが大事です。


記憶術を完璧にマスターしようとするのではなく、
20%も効率が上げればよいと、楽に考えることです。


目的は勉強のスピードアップであって、
記憶術のプロになる事ではありません。


記憶術の習熟度を「90%⇒95%」にする労力よりも、
「0%⇒30%」にする方がずっと楽でしょう。


そのような感覚で、記憶術日本一・藤本憲幸氏の



「藤本式記憶術」


にチャレンジしてみてください。


「30分で単語1,000語を記憶」という世界です。


でも、その通りにならなくても十分なのです。


「30分で単語300語を記憶」でも、
ライバルよりは遥かに有利です。


詳細はこちらをクリック


posted by tachyon at 09:05| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

記憶術日本一のワザ


記憶術日本一として名高いのが藤本憲幸氏。
その技術をまとめたのが「藤本式記憶術」。


現在、「藤本式記憶術」は公開されています。
バッチリ受験生向きにアレンジされています。


およそ、覚えた知識を使って解答する試験なら、
どんなものにでも効果を発揮します。


つまり、ほとんど全ての資格試験、大学入試、
高校入試、語学試験などに利用できるわけですね。


目安として、単語の暗記は30分で1,000語。
藤本氏自身なら、その3倍は行くと言います。


一般的には、「藤本式記憶術」を使うことで、
勉強の効率は3倍程度に上げる事も可能です。

posted by tachyon at 22:13| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

記憶術の役割・使い方

記憶術だけで試験に合格できるわけではありません。


しかし、記憶術を多少でも使えると、
間違いなく有利になる事があります。


それは、記憶術で対処できる部分の勉強時間を
大幅に短くすることができるという事です。


例えば、英単語や歴史年表などの比較的単純なものは記憶術で対処できます。


こういった勉強は記憶術でサッサと済まし、
経験値が重要な勉強に多くの時間を割きます。


要領よく試験に合格する人は、たいていそんな感じでやっていますね。

posted by tachyon at 11:00| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

「思い出せない」を解消する記憶術


憶えたはずのことを思い出せない、
ってありますよね。


ちょっとヒントがあれば思い出したりするから、
ちゃんと記憶はできているんですね。


松平先生の「試験に受かるユダヤ式記憶術」では、
思い出すための仕掛けが用意されています。


この記憶術は、


● 知識をインプットする
● 記憶を保持する
● 知識を思い出す


の3つ全てをサポートするものです。

「試験に受かるユダヤ式記憶術」の詳細


posted by tachyon at 18:15| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

左脳型記憶術の例


左脳型記憶術の例を紹介しておきましょう。

試験に受かるユダヤ式記憶術


この記憶術を伝えるのは、松平勝男先生。
勉強法や語学などでマルチに活躍している方です。


実は、左脳型記憶術とハッキリ謳っている記憶術は、
これ以外に知りません。


左脳型記憶術の特長は、大人が習得しやすいことです。
なんといっても、大人の脳は左脳が優位ですから。


記憶術をマスターできるかどうか心配な方は、
左脳型記憶術を選んだ方が良いかもしれません。

試験に受かるユダヤ式記憶術


posted by tachyon at 22:50| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

右脳型記憶術と左脳型記憶術


記憶術にはいろいろなタイプのテクニックがありますが、
まずは、右脳型記憶術と左脳型記憶術があることを
憶えておきましょう。


右脳型記憶術は連想やイメージ化を行います。
宮口式記憶術」は右脳型ですね。


左脳型記憶術は理屈を納得しながら憶えるタイプです。
右脳型と比べて、数は少ないですね。
世の中にある記憶術の大半は右脳型でしょう。


どちらのタイプも、記憶の性質をうまく利用しています。
どちらでも、ちゃんと効果はあります。
自分に合ったものを選ぶのが良いですね。

posted by tachyon at 23:25| 記憶術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。